のっぽDay!

投稿日:2021年8月27日

7月中旬、のっぽだけの特別「のっぽDay」開催。
まずは、夏恒例スイカわりでエネルギー充填。屋上プールや幼稚園内はもちろん、中学高校の、芝コートでサッカーや、体育館で鬼ごっこ、全部がのっぽの貸切だ!やっほーい!
お昼は、クラスの仲間で、あれやこれや相談して決めた「デリバリーランチ」です。直接クラスの部屋までピザ屋のお兄さんが届けてくれて、みんなで拍手喝采。幼稚園の仲間と食べる出前ラーメンやピザは、格別の味でした。
「さいこうのひだなぁ」とひとりひとり全身から楽しさが溢れでていた、2日間でした。

三ツ池公園親子Day

投稿日:2021年6月25日

今年もやってきました!親子で先生探し♪今年度、最初の親子Dayです。
ちょっと隠れていたり、何かに変装していたり、景色に同化していたり。隠れ名人の先生たちを、いい目と耳をフル稼働で探します。
みんなと一緒に過ごす当たり前の時が、とてもうれしい楽しい一日でした。

入園を祝う会

投稿日:2021年5月15日

立夏を過ぎ、日差しの暑さと木々の緑が濃さをましてきました。新入園の子どもたちも、幼稚園に徐々に慣れて、安心しはじめています。

昨年度、コロナ禍を通して、橘幼稚園の子どもたちの『入園を祝う会』は、そのような時期にこそ、よいと気づかされました。今年も4月初日ではなく、今日この日を節目の時としました。

「すてきななかま」ひとりひとりを、お父さん・お母さんロケットで紹介。先生たちの「おおきなかぶ」の劇や、歌のプレゼントを楽しみながら、みんなで、新しいいっぽを喜ぶ時を過ごしました。

2021たちばなっこのはじまり

投稿日:2021年5月5日

なにしよう、なにしよう。どきどき、わくわく。勝手知ったる進級の子たちは、友達と3月の続きの遊びや、新しい仲間との出会い。
初めての子どもたちは、まずは園内たんけんだ。何があるかな、どんな人がいるかな。たちばなっこの一年のはじまりはじまり。

新年度 咲き誇る園庭の桜

投稿日:2021年4月1日

卒園式

投稿日:2021年3月18日

穏やかな春の日。新緑が芽吹く柿の木の下、のっぽさんが卒園生として最後の日を迎えました。園庭での青空卒園式。誇らしげにレッドカーペットならぬ、グリーン滑り台を、一人一人すべりおります。毎日過ごした、園舎や園庭や木々たち、そしてお父さんお母さん、先生たちに見守られながら、86名の子どもたちが巣立っていきました。

のっぽ点灯式と屋上あおぞらお弁当♪

投稿日:2021年3月5日

一人一人が固くぎゅっとしまった桜の木をノコギリで切り落として作った台座に、40分近くじっくり時間をかけて作り上げた蜜蝋ろうそくを立てて、のっぽだけの特別な『さくらローソク』が完成しました。
今日は、ホールで点灯式を行いました。86本の灯りが集まった暖かさを、みんなで手を伸ばして感じ、灯のゆらめきを見つめながら、あるきつづけるきみへ♪を歌いました。一本ずつ灯が消えていき、最後の一本が消えると、子どもたちから、あたたかい拍手がおこり、「かんどうした!」と立ち上がって言う子、卒園まであとわずかのさみしさからか涙する子、共に過ごしてきたのっぽの先生たちもこみあげてくる想いが募ります。それぞれが様々な想いを感じた時間でした。

そして、特別はもう一つ。屋上のきもちのよい青空の下で、のっぽみんなでお弁当分け。とってもすてきな一日でした。

あつまれ!のっぽのもり

投稿日:2021年3月4日

お母さん方からのっぽさんへのプレゼント「のっぽの集い」。今年は、2クラスずつの分散で、学苑の体育館をのびのびと使って開催。森の果物ゲットつなひきにはじまり、ミカンとブドウ狩り対決、我が子の成長を感じる親子スキンシップ競技、担任の先生の顔福笑い。親子で一緒にたのしいひとときでした。

幼稚園へのプレゼント

投稿日:2021年1月8日

卒園生の大工のお父さんが、幼稚園にわくわくウッド遊具をお年玉で作ってくれました。挑戦心をくすぶる新しい遊具にとびつく子どもたち。

毎年卒園記念制作で創っている、手形の柱が、いよいよ今年最後の一本となりました。造形職人の吉田さんとのっぽで、今回は、柱からさらに壁へと広がる壮大な海の世界の手形が完成し、子どもたちの手形の柱が、職員塔をぐるりと一周してつながりました。

のっぽっパ!キラキラクリスマス♪

投稿日:2020年12月24日

のっぽだけの特別、夜の幼稚園でキラキラクリスマス。
クラスごとにどんな楽しいことをしたいか相談して決めた、みんなでパーティー。
ひとりひとりの作ったくものすリースが集まって出来上がった竹ツリーに、灯りがともると大歓声!園庭いっぱいに広がる光と特別ゲストにも興奮。「あのね、とってもいい日だったんだよ」と、お母さんに話しながら帰っていく姿が印象的でした。

サンタDays♪

投稿日:2020年12月17日

やってきました、この季節!。サンタDays♪2日間。
いつもと違う特別コーナーがもりもり登場。

どれにしようかな~「フェイスペイント」やさん。こっそり悩み相談室「占いやかた」。待ち時間にヘアカタログを見ながらの「へああれんじ」やさん。変装した先生たちはどーこだ?「すたんぷらりー」。網焼きの香ばしい海苔付き「おせんべえ」やさん。トナカイたちの畑コース一周「となかいバス」。

澄んだ青空の中、わくわく・うきうき、クリスマスの雰囲気を感じながらのひととき。

秋のこどもたち

投稿日:2020年10月13日

幼稚園内に子どもたちの日常が戻ってきました。まだまだ色々なことに配慮しながらの保育ですが、園庭に広がる子どもたちの遊び声が、秋空に響きわたる毎日です。

入園を祝う会

投稿日:2020年7月21日

本日、待ちに待った入園を祝い会を行うことができました。
こどもたちにとっては、6月から遊んでいる場所や、親しみをもっている先生たち。そんな安心の中で、いつもとちょっと違う、を感じた時間だったかもしれません。
一人一人名前を呼ばれてのお父さんお母さんロケット。ちょっと涙が出たこどもたちも、先生たちの大きなカブの劇がはじまると笑顔が広がりました。

投稿日:2020年7月11日

1枚目の三輪車に乗っているのは、新のっぽのこどもたちです。ちびっこの時に同じクラスだった仲間です。げんきものっぽもクラスは分かれたけれど、共に過ごしたちびっこ時代の絆が、こんな時だからこそ、支えや安心、一緒にいる喜び。

6月から始まった2020年度は、まだ分散保育中です。今年度の新しい仲間づくりは2学期から。今は、ただただ園にこどもたちが集えることに感謝です。

たなばたウィーク

投稿日:2020年7月11日

のっぽで運んだ竹に、それぞれ結えた短冊。いつもの日常でできていたことを願う短冊がたくさんありました。一日も早い終息を。

こどもたちリターンズ

投稿日:2020年7月10日

こどもたちが帰ってきました。またここから、こどもの世界をはじめよう。

きつつきの巣

投稿日:2020年7月5日

コロナ自粛期間中、自分の巣で大人しくしていた人間たち。その一方で、植物や動物たちは、のびのび生活だったようです。園庭の木々や苔がいきいきと広がり、鳥のさえずりが今までにないほど聞こえてくる6月の園庭。

竹ブランコの支柱を担ってくれている、ねむの木の根元に、ある朝、木屑がたくさん落ちていました。見上げると、キツツキが巣をつくっていました。そして、丸々と太った赤ちゃんが時々顔をのぞかせていました。

新しい春をまちのぞむ

投稿日:2020年4月9日

ウッドデッキの下の桜の幹に、小さな開花を発見!

自由な青空の下ではないけれど、それでも、いま与えられた場所で咲き誇る姿に、勇気づけられます。

新しい2020年の春をみんなで待ち望もう。

0409-50409-6

届いたプレゼント

投稿日:2020年3月3日

ちいさなて No.40 2020年3月3日(火)

見て下さい!届いたプレゼント

このバースディケーキ? 3月12日は、みかん園長の誕生日 59歳です。ろうそくは、6本なのでみかん園長は6歳ののっぽです。(笑)コロナウィルスのお陰でさすがに気持ちが落ち込みますが、このプレゼントは、なによりもです。製作者君曰くこれは、仕掛けがいっぱいあります。見つけてください。これが とても難しく難題 2つの隠し?がある。ひとつは、ケーキの上の段を回すと「みかんおめでとう♪」の文字が1文字ずつ見える仕掛け。


ふたつめは、わからないのでヒントをお願いする。「うーん、じゃ」とねばって聞いた答えは「か」です・・・おいおい、それなに? 1番上につく字が「か」だよ。ひえ?!むりむり、「もうこれ以上教えない。それ以上はこんどです」またまた、ねばるみかん園長。製作者君「じゃ、2文字まで教えます「く」です。「かく・・・?」難題です。
正解は、多分「かくし」だと思います。真ん中の回転軸のろうそくが外れる。それが「鍵」で、ろうそく鍵を外すと上部が外れて「みかんだいすき」の文字が現れてさらに「だいだいだいすき!」文字まで。一生懸命書いたのだなぁと思う「字」最高です。もはや「絵」です。

「かくし」当たっているのか電話をして見よう。
 ありゃ つながらないぞ。 笑

「でも、百はある。」

ローリス・マラグッツィ

(田辺敬子訳)

子どもには 百とおりある。
子どもには 百のことば 百の手 百の考え 百の考え方 遊び方や話し方
百いつでも百の聞き方 驚き方 愛し方 歌ったり
理解するのに 百の喜び
発見するのに 百の世界
発明するのに 百の世界
夢見るのに 百の世界がある
子どもには 百のことばがある
...それからもっともっともっと...けれど九十九は奪われる
学校や文化が
頭とからだを ばらばらにする そして子どもに言う
手を使わずに考えなさい
頭を使わずにやりなさい
話さずに聞きなさい
ふざけずに理解しなさい
愛したり驚いたりは 復活祭とクリスマスだけ そして子どもに言う
目の前にある世界を発見しなさい
そして百のうち 九十九を奪ってしまう そして子どもに言う
遊びと仕事
現実と空想
科学と想像
空と大地
道理と夢は
一緒にはならないものだと つまり百なんかないと言う 子どもはいう
でも 百はある


・・・・・・・・・
いや もっと もっと もっと  あるんだろう。 ただ 自分が こどもから 見つけられない。 大人がここにいる。

付け足し
コロナウィルスで、大変な状況になっています。一日も早く終息して欲しいです。日々のこどもの行動の中に おもしろいなぁ、すごいなぁと教えられることが満載です。このトピッククスを少しの間お借りします。

みかん園長

コロナウィルス対応について

投稿日:2020年2月28日

本日2月28日(金) 幼稚園は、平常保育です。

昨日 ウィルスの感染防止の為、安倍首相から(学校:教育基本法に基づき幼稚園は学校に属する)3月2日から春休みまでの休校要請がありました。

要請に対しての取り組みは、神奈川県の市・区及び幼稚園協会そして、橘幼稚園は学苑に所属していますから、単独の決定は出来ません。冷静に状況を捉えて総合的に判断をします。

ですが、要請を受け早急の対応がこども達のためにも必要です。休校・休園のお知らせは「緊急メール配信」で行いますので、明日29日(土)までお待ち下さい。

一日も早くの終息を願います。

橘幼稚園 園長三上正芳

もちつき

投稿日:2020年1月13日

冬晴れの恵まれたお天気の中、園庭のあちこちに「よいしょっ!よいしょっ!」の元気な声が広がり、賑やかな一日でした。今年もきなこもちが大人気!
朝早くからお手伝いいただいたお父さん方、たくさん力を貸していただき本当にありがとうございました。

あけましておめでとうございます。

投稿日:2020年1月7日

サンタDaysその②

投稿日:2019年12月12日

のっぽさんたちから、げんき・ちびっこさんたちへのプレゼント、りんごローソクを囲む会。ハンドベルサークルのお母さんたちの、奏でる音色に見守られながら、一人一人の小さな灯が集まると、ホールにあたたか光がいっぱいに広がりました。

サンタDaysその①

投稿日:2019年12月11日

からし種シアターさんによる「くつやのマルチン」。見えないけれど、見えること感じること。そんな劇と音楽の世界に、引き込まれていた子どもたち。
子どもたちとそのご家族、先生たち、からし種さん、そこに集まったみんなで共有・共感するあたたかい時でした。

焼き芋

投稿日:2019年11月11日

畑で採れたサツマイモで焼き芋屋さん開店です。焚き火のけむりに「なんかきもちい」。早く食べたいなぁ「あとなんぷんでできますか?」。ほくほく焼き芋に「きょうのは、きのうよりあまい」。働かせる五感や気持ちはそれぞれ。焚き火と焼き芋を通して、今日もまた、子どもたちが育くまれていきます。

わっ祭!のご案内

投稿日:2019年9月18日

9月28日(土)・9月29日(日):10時~15時


幼稚園の秋お祭り「わっ祭!」が、橘学苑中学・高校の「橘花祭」と一緒に行われます。
ワークショップや喫茶店・やきそば・雑貨などいろいろなお店が出ます。
来年度入園をお考えの皆様もぜひ、遊びにいらしてください。

スイカわり

投稿日:2019年8月28日

夏の恒例スイカわり!今夏最後の大玉スイカを、クラスそれぞれで割っていただきました。みんなで囲み、応援し、いっしょに食べる。ここから共に始まる2学期。

0827-10827-20827-30827-4

七夕まつり

投稿日:2019年7月4日

昨日は七夕まつり。映画館や、フェイスペイント、ひみつの金平糖屋さん、飾り作り。いつもとちょっと違う楽しみが広がった一日でした。

今月のこどもたち

投稿日:2019年6月28日

0628-00628-20628-30628-40628-5

親子いっしょDay in 三ツ池公園

投稿日:2019年5月17日

汗ばむ陽気の中、変装をしている先生を道々で見つけながら、新緑を楽しむひとときを過ごしました。みかん園長&お父さんのギターライブもあり、すてきな一日でした。

2019 はじまりはじまり

投稿日:2019年4月13日

新しいクラス 新しい担任の先生 新しい場所 新しい気持ち
またいっしょ 3月の続きのあそび のっぽの意気込み げんきのうれしさ ちびっこのどきどき

0409-10409-20409-30409-40409-50409-6

新しい春を待ち望もう

投稿日:2019年4月1日

園庭の桜はすっかり満開。大きく手を広げてみんなが来るのを待ちわびているようです。造園屋さんたちが面白い砂場をつくってくれました。みんな早くおいでーまってるよー。